生保レディって実際大変な仕事?

保険会社の女性営業社員いわゆる生保レディをご存知でしょうか。見たことない人もいるかもしれませんが、街中の喫茶店で若いお姉さんが熱心に資料をもとにプレゼンをしている姿、もしくはあなたのお住まいにお父さん・旦那さんに資料を渡すために直接訪問している姿を見かけたりなど、記憶にありませんか?これらは、保険会社の営業お姉さん達の可能性が高いです。 彼女達は、保険会社のお姉さんとして、良い目をされないことがあります。 しかし、実際のところはどうなのでしょうか。

激務かもしれない生保レディ 

彼女達は、営業マンなので、顧客を1人でも多く獲得することを目標としています。保険という製品の性質上、積極的なお客さんというよりかは、消極的な人が多いのも現状です。そのため、精神的に参ってしまう営業マンもいるのです。それもそのはず、営業マンは成績が命。そのため新規顧客獲得のために、あの手この手の手段を使う人もいれば、中々コミュニケーションがうまく取ることが出来ず、なかなか結果につながらないという人もいるのです。また、成績面だけではありません。顧客の空いている時間に商品を売り込まないといけないため、自分のプライベート時間をうまくコントロール出来ないという状況も実際発生しております。このような一面をみると、 生保レディほど過酷な職業はない  

悪いことだけではない仕事です。 

確かにネガティブな要素は多いかもしれません。しかし、これはどの職業にも良い1面もあれば、悪い1面もあるので、仕方がないことなのです。では、生保レディの人たちの良い面とはどんなところなのでしょうか。保険は、人のいのちに関わるものです。万が一の時に備えるための商品なので、人によっては、あの時保険介入しておいてよかったと心の底から感謝する人もいるのです。また、「保険は、見えない商品なのだけれど、その人に一生関わる商品でもある。他の商売とは違い、一生関わることが出来る仕事というものはなく、やりがいを感じる」という人もいるのです。 激務ということは変わらないかもしれませんが、仕事のやりがいを見つければ、激務でも乗り越えることが出来るかもしれません。 

まとめ、噂だけに惑わされないで 

生保レディの良い面悪い面を紹介して、実態を探ってみました。生保レディはあくまでひとつの例ですが、 世間的に勘違いされている職業はたくさんある  ということです。噂だけで、あの仕事にはしたくないということではなく、実際に働いている人から情報を得るなどして、その仕事の真相を解明することも、転職活動の情報収集では、必要なことかもしれません。