あなたのキャリア形成はどうですか

女性が働くようになった社会で考えること 

総務省統計局によると、2013年4月の女性の就業率は62%を超え過去最高になりました。女性が働く社会が当たり前になってきているのです。女性が家庭を守るという時代はもう時代遅れで、今は女性も労働の戦力。その一方で、 女性は男性と違い働くことと、「将来どうするか」を考えなくてはいけません。では、女性にとってのキャリア形成は、どのようなものなのでしょうか?様々な意見を元に、女性のキャリア形成について考えていきましょう。

女性のキャリア形成 

(1) 女性にとってのキャリア形成がよくわからない。
女性にとって、結婚=退職であったものの、今は制度がしっかりしてきたので、そうではなくなりました。その上で、どのタイミングで仕事を辞めるべきなのか?定年までやる自信がない。という不安という意見もあります。こんなキャリア形成に不安を持っている人は、20代女性に多いようです。やはり、結婚もせず独身で、家庭もないと具体的にどうすれば良いのかというビジョンが見えてこないものです。そのため、どうすれば良いかわからないけれど、今の仕事をしないと生活が出来ないので仕事をし続けるということが必要なのです。

(2)キャリア形成の方向性で迷う
どのように働けば良いかで選択肢を迷っているという人もいます。ただ、惰性で仕事をするのではなく、一応将来こういう風になりたいというイメージはある。しかし、それを実現するためには、どうすることが最適なのかが見えてこない。という人もいます。これは、子供が出来た女性が、正社員として働くのか、子供のためにもパート・アルバイトとして働いていた方が良いのか?ということを迷いながら仕事している人もいます。どうすることで、理想の将来に近づけるかは見極める必要がありますよね。

(3) 自分の時間が欲しいので、転職をする。
今の仕事には満足しているものの、なかなか自分の時間が取れないので、転職活動をしている人もいます。何を重きに置くかによって働き方も変わってくるものです。

一生に一度の人生。キャリア形成は慎重に。 

今の仕事を続ける人、転職しようか迷う人、理想を実現させるために転職する人など、様々な人がいます。全員に共通することが、「自分のキャリア形成をどうしたいか?ということ」なんとなくで就職活動をしても、いずれこの問題と向き合わなくてはなりません。どうすれば、理想の働き方、理想の自分になるのかをよく考える必要がありますね。その結果として、転職するのも良いと思います。 大切なのは、「自分がどうしたいか」ということに向き合うことなのです。 この先どうしようかと考えている人がいたら、一度自分と真剣に向き合う時間を作った方が良いかもしれません。