化粧品メーカーの実態

女性が働く上で憧れるような企業もあるのではないでしょうか。その中の会社の1つに、女性が多い職場があげられると思います。女性が多そうな業界の中で化粧メーカーがあります。 その実態は一体どのようなものなのでしょうか。  今回は、化粧品メーカーについて注目し、その実態を暴いて行こうと思います。

実はそうではない化粧品メーカー 

化粧品メーカーと聞くと、女性が多いようなイメージがありませんか。確かに百貨店に足を運ぶと各ブランドの店員さんは女性ばかり。そして化粧品はやはり女性が使うものなので、女性が多いような気がする。そう思っている人も多くいるかもしれません。 しかし、実際はそうではありません。男性が働く企業でもあるのです。 

(1) ここ数年男性向け化粧品が増えてきている 
男性の働いている要因の1つに、男性向け化粧品が多く出されていることが考えられます。男性だからこそ使いたくなるような化粧品の開発をしている部署もあるため、女性スタッフばかりであるとターゲットがつかめないというケースもあるのです。

(2) 化粧は化学でもある
化粧品は、化学を応用したものでもあります。そのため、理系の大学を出た人がそのまま研究者として雇われていることもあるのです。また、化粧品は、人間の肌に触れるもののため、どんなに綺麗に見せることが出来ても肌を傷つけてしまうようなものでは商品として成り立ちません。そのため、そのようなことを熟知した開発者もいます。

(3) 女性営業マンが活躍する
化粧品メーカーの大きな違いは営業マンかもしれません。一概には言えませんが、女性営業マンでやり手の人がいるメーカーもある会社があります。化粧品は男性が利用するようになったといっても、やはり女性の方が圧倒的に利用をしています。そのため、女性営業マンが、女性の視点を考えてその観点からセールスポイントを見極め相手企業にプレゼンするということでうまく商談を成立させている。ということもあります。このような部分だけを考えると、 男性よりも女性の方が活躍する可能性がある業界  と言えるでしょう。

まとめ 

化粧品メーカーは、女性が活躍しているフィールドではありますが、その一方で男性も活躍している場所でもあります。転職を検討している女性は、女性だから男性よりも有利に転職活動出来るであろうということではなく、女性だからこそ、どういうところをアピールして転職活動を進めていこうか。ということを考えた方が良いかもしれません。