転職活動に必要な期間はどれぐらい?

転職活動は、インターネットや雑誌などでの「情報の収集」、履歴書などの「書類作成」、そして「応募」「面接」と進むのが一般的な流れとなっています。
この流れの中で、どうして自分が転職したいのかという「自己の分析」を同時に進めていきましょう。

内定後の引き継ぎ期間まで含めると、求人を探し始めてから次の会社に入社するまでの所要期間は、3カ月から半年程度が一般的になっています。ただこれは一般的な流れであり、引き抜きのケースや友人を通じてなど、手順を飛ばして進めるケースもあるようです。

まず始めにすることは?

会社を辞めて転職に向けて動き出した時、まずはじめにやることは「スケジューリング」が一番多いとされています。
その他にも、どんな求人が出ているかを検索、自分を分析する、転職サイトに登録、失業給付の申請をするためハローワークに行くなどが比較的多いようです。

ただ、会社を辞めてすぐ転職活動をすると精神的に余裕が無くなる場合もあるので(特に辞め方が円満ではなかった場合)、1週間ぐらいはゆっくり羽根を伸ばすために自分休暇を取るのも一理あると思います。しかし、ここでダラケてることに慣れてしまうと毎日休日が癖になってしまうので、そこは注意して下さい。

面接から内定までに時間がかかるケース有り

スケジューリングで一番大事になるのが「面接」の日程です。

「資料作成」や「応募」は自分のペースで進めることが出来るのですが、面接だけは会社の都合なので、下手をするとひと月後に面接というケースも。
そして、面接が終わっても会社側が他の候補者と迷って選考に時間のかかるケースがあるので、スケジュールには余裕を持って動きましょう。

お金が尽きないように注意。

時間がある場合は、資格勉強をすることも、自分の武器になるのでお勧めです。内定が出るまでは余計なお金はなるべく使わず、もし使うとしても自分を高めることに使う方が有効です。