誰も知らない場所で裸一貫でスタートしてみたい

都会のごみごみした生活につかれ、きれいな海で、気候も暖かく、人もおおらかな沖縄のようなところでリゾート気分で暮らしてみたい。だれも友達はおろか、知り合いもいないし、そんなところでやっていくのは不安だなあ。それよりも、沖縄は所得が日本でもかなり最下位の方で、収入も減り、生活水準も下がるな。どうやりくりしていけばいいのだろう。
沖縄で楽しいことなどを想像して、いいことずくめだなと思うけど、現実的には収入と支出をすりあわせて、やっていかないといけないのがまずあります。
そもそも沖縄に求人自体すくなくて、正社員も少ないというのが常識。どうやってやりくりしているのだろうか。

沖縄水準

求人率が1を割っている沖縄で、仕事がないように思いますが、現実、選ばなければ仕事はあります。しかし、平均的に給与も少なく手取り10万円などというものざらという世界です。結局、求人はあるものの経験者、有資格者というものが多いのが現状です。
業種でいうと、観光関連の仕事が多く一時期は移住ブームなどで建築ラッシュが続き建築業でも求人はありましたが今は少ないです。医療系でも正社員ではなくパート扱いが殆どといったところです。
アルバイトも多く、コンビニエンスストアで働いた場合、時給650円が相場。
リゾートホテルも同じ程度といったことろです。

移住者の末路

沖縄は県外からの移住者は年間3万人とも言われ、人口増加率が東京都に次ぐ全国2位にランクインしています。
移住者は職が決まらず派遣会社で働いたり、女性は水商売で働くことも多いようです。
毎年、その人数に負けないくらいの方が、沖縄での定住を断念されて、涙を飲んで本土に帰ってしまうケースも多いというのが現状です。

生活費のシュミレーション

流通コストがかかるので、沖縄の物価はほぼ東京と同じで、全国平均?よりも高い。支出をどうにかやりくりしないといけません。
具体的に言うと、家賃は32000円が平均と物価よりは低いです。ゲストハウスに住めば、初期費用無し月30000万円ほどで入れます。ウィークリー、マンスリーも豊富なのでそういう選択肢もありますね。食費は自炊で賄えば、20000円くらい。水道代、電気代、ガス代を含めれば6000円くらい。夏場はクーラーを使いすぎると増えるかもしれません。
ほかは保険などで、国民年金15000円ほど。国民健康保険と住民税で7000円くらい。ほかに携帯代、ネット代などもかかり、飲み代や遊び代などでも増えていきます。
家賃は安めなので、都会より安く暮らせますが、結構かかります。