転職活動は年末が狙い目?

転職活動は、就職活動とは異なり、その気になればいつでも転職活動をすることが出来ます。また、採用する会社も決まった時期はないため、好きな時期に退職し、転職することも可能なのです。自分の都合で新たに働くことも出来ます。年度の始めや、下半期の始めが一般的には主流かもしれませんが、こちらは採用する会社が多いため、自然と転職希望者も多くなります。一体転職者にとってはいつが理想なのでしょうか。 転職を行いたい時が転職をするタイミングであると考える人もいますが、中には意図的に時期を考える人もいるようです。転職の狙い目時期について考えていきましょう。

転職は年末がオススメ?

転職時期について、いつが理想的なのか。ということを考えた際に、年末を狙うべきである考える人がいるようです。年明けは、企業が採用活動に積極的ではない一方、年末は採用を積極的に行いたいという願望をもっている人が少なからずいるようです。それでは、何故年末がオススメになるのでしょうか。
(1) 年明けになると採用枠があまりない
先ほども述べたように、採用する側が、年明けになるとあまり積極的にはなりません。そのため採用活動が激減します。数を狙うのであれば、年末に決めてしまうことが理想であると言えるのです。
(2) 転職活動をしている人があまりいない。
転職活動をしている人から考えても年末は活動をしている人が多くありません。そのため、この時期を狙って活動をすることも競争が通常よりも少なくなり有利になると言えるかもしれません。
(3) 目的意識をはっきり持つことは大切。
時期がズレたからとはいえ、採用されやすい。というわけではありません。採用する側も採用される側も少ないということは、よほど覚悟がないと採用されることは決してありません。競争率は低いものの、採用基準が厳しい場合がある。と言えるのです。そのため、年末に転職活動を行う人は、自分のやりたい仕事がはっきりと明確化しており、更には厳しい面接でも勝ち抜ける自信がある人でないと厳しい戦いにもなるということを覚えておかなければなりません。

まとめ

タイミングを見計らって転職活動を行うこともひとつの大切な戦略であるといえます。しかし、タイミングを計ったから採用されるということではありません。働く意識、何をしたいのか?何を伝えたいのか?ということを明確にしておかなければ、転職活動は厳しい戦いになると言えるのではないでしょうか。