老舗企業に転職をしよう

様々な業界があり、転職をするにしても、どこで働こうかと迷うことが多々あるかと思います。そんな中でも、老舗企業という選択肢はあなたの中にありますか?老舗企業と聞くと、どこが良いのかわからないというイメージや、老舗企業=魅力がよくわからないという人もいるかもしれません。企業によっては老舗企業に魅力を感じる人もかもいれませんが、伝統が長いとなると、なんだか新参者を受け入れてくれないのかも。とネガティブに思うかもしれません。 老舗企業の強みが分かるようになれば、また転職の選択肢の1つとして増えるはず。 それでは、老舗企業の強みは一体どこにあるのでしょうか?

老舗企業の強み 

老舗企業にも色々ありますが、その多くが日本の伝統的な用品を扱ったり、日本の伝統を継ぐ会社が多くみられます。長い目でみると、その日本文化が無くなってしまったら、企業としても成立しないだろうと思う人もいるかもしれませんが、そうではありません。老舗企業は、時代ごとに大変な時期を目の当たりにしています。そのため、少しくらいの危機的状況でもいとも簡単に回避出来る術を知っていると言えるのです。老舗企業の強みは、そこにあると言えるのではないでしょうか。それでは、具体的にどんなところに強さがあるのでしょうか。100年を迎えた企業を対象に強みを考えてみました。

(1) 50年以上続くのが、強い証拠である。
どんなに大きな会社でも、50年以上続く会社というものはとても土台がしっかりしている会社としても知られています。どんなに勢いのある会社でも、50年後にどうなっているかわかりません。その中で、50年以上会社として成り立っている企業は、会社としてもとても強い会社であると言えるのです。どんな業界だとしても、50年続く会社は大なり小なり強い会社であるという認識を持った方が良いでしょう。

(2) 激動の時代を生き抜いている
100年の中には、良い時悪い時がたくさんあります。どちらかというと、悪い時代の方が多いと言えます。その中で倒産することなく生き抜く会社の底力はあると言えるのです。そんな会社だからこそ、転職する価値はあると言えます。

まとめ 

100年以上生き抜いた会社は、どんな時代の波にも負けずに戦って生き抜いている会社が多いため、少しくらいの問題で倒れてしまうような会社はあまり多くはないと言えます。そのため、転職をする選択肢の1つとして、老舗企業を視野に入れて、そこでのノウハウを習得することも大事な選択肢の1つと言えるのではないでしょうか。